子供の情緒を育むなかで1番大事なもの。

それは「笑うこと」です

笑うことで脳のシナプスが増え、情緒が発達し、子供の言葉の発達を促します。

「子供を笑わせること」

何気なくやっているふれあい遊び、わらべ歌、手遊びにはお子さんが健やかに言葉を育むための刺激が盛り沢山!

言葉の発達が著しい時期は決まっています。

2歳までが勝負とおっしゃっている専門家もいらっしゃいます。

お子さんが赤ちゃんの時期から是非「笑い」を意識してくださいね。

親子でふれあう遊びをすることは、親子の絆を深めるだけでなく、お子さんが健やかに育つためにとってもとっても大切なことなのです。

「子育ては気づいた時から」が大事です。

是非今から子育ての中で「子供を笑わせること」を意識してみてくださいね。

 

お子さんは何でよく笑いますか?

 

「いないいないばあ」「高い高い」「くすぐり遊び」・・・

是非お子さんの「笑い」のポイントを見つけて沢山沢山ふれあってくださいね

ポイントは「ママもパパも楽しむこと」です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆全国 スカイプセッション☆対面あり
~乳幼児期の親子のコミュニケーションで将来が決まる!~
歌うように話しかける歌いかけ育児で
子育てのイライラを解消し、
親子の豊かな関わりを育んでいきませんか

・親子の会話がない
・育てられたように自分の子を厳しく育ててしまう
・愛情が届いているか不安・・
・つい手がでてしまう、暴言を吐いてしまう・・

ママが変われば、お子さんも必ず変わります。
お子さんの感情や言葉もイキイキ育ち、
親子が自信をもって生きられるようになります。


「はなまるコミュニケーション個別相談」でまずはご相談ください


 
\好評につき期間延長!動画付きテキストプレゼント/
乳幼児子育てママ必見!
【親子のコミュニケーションが100倍楽しくなる方法】

※Gmail、Yahoo!、Hotmail 等のフリーメールの場合
迷惑メールボックスに入ってしまう場合がございますのでご確認ください。
※Ezwebのメールアドレスで文字化けする可能性がございますのでご注意ください。