赤ちゃんも1歳が違づくと、人の気持ちがわかるようになると言われています。

共感力を育てると、思いやりのある優しいお子さんに育ちます。

共感力とは「あなたの気持ちがわかります」と相手の気持ちを受け入れる能力のこと。

 

共感力を育むにはどうお子さんと接していけばよいのでしょう?

乳幼児期からの関わり方が重要です。

 

①安心感、信頼感を与えること

赤ちゃんの時からお腹がすけば、

ママがミルクや授乳で欲求を満たしてあげる。

泣けば抱っこをしてくれる。

信頼できる人がそばにいてくれるという安心感が、子供の共感力を育むことにつながります。

 

②子供が感情をだすこと

感情を抑え込まず、ありのままの気持ちを表現すること

 

子供が感情を出せるようになるには、

親自身が感情表現を豊かにすることも大切です。

親の感情表現から、子供は学んでいくからです。

 

③子供の感情を言葉にして代弁してあげること。

気持ちに寄り添った言葉がけをする。

自分の気持ちが相手に伝わったと感じ、嬉しくなるものです。

 

赤ちゃんの時はもちろん、

お子さんがおしゃべりが上手になってからも共感は大事です。

人の気持ちがわかるお子さんに。

人とのかかわりを楽しめるお子さんになってほしいですよね。

 

お子さんの気持ちに寄り添った接し方が

お子さんの共感力を育て、会話力、コミュニケーション能力を向上させます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
\ママの歌声は最高のコミュニケーション/
子供の会話力が磨かれる魔法の歌いかけ育児
「はなまるコミュニケーション」
歌のお母さん あきゆみこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆全国 スカイプセッション☆対面あり
~乳幼児期の親子のコミュニケーションで将来が決まる!~
歌うように話しかける歌いかけ育児で
子育てのイライラを解消し、
親子の豊かな関わりを育んでいきませんか

・親子の会話がない
・育てられたように自分の子を厳しく育ててしまう
・愛情が届いているか不安・・
・つい手がでてしまう、暴言を吐いてしまう・・

ママが変われば、お子さんも必ず変わります。
お子さんの感情や言葉もイキイキ育ち、
親子が自信をもって生きられるようになります。


「はなまるコミュニケーション個別相談」でまずはご相談ください


 
\好評につき期間延長!動画付きテキストプレゼント/
乳幼児子育てママ必見!
【親子のコミュニケーションが100倍楽しくなる方法】

※Gmail、Yahoo!、Hotmail 等のフリーメールの場合
迷惑メールボックスに入ってしまう場合がございますのでご確認ください。
※Ezwebのメールアドレスで文字化けする可能性がございますのでご注意ください。