笑う、泣く、喜ぶ、恥ずかしがる・・

3歳までに子供は、

ひととおりの感情がわかるようになると言われています。

泣くことは子供にとっても大事な感情表現の一つです

 

泣くことで痛みが軽減されたり、

ストレスを和らげる働きがあるのです。

子供の感情の豊かさこそが表現力につながります。

 

自分の気持ちを表現できる子に育つために。

思いきり泣く!

思いきり笑う!

大事なことですよ~

 

そしてママ自身が子供の気持ちに共感して

「言葉」をかけることも大事なことです。

 

感情を出して、受け入れてもらった!という気持ちが

「言葉」で表現できるようになる力に繋がります。

 

子供の感情を豊かにするには、

 

 

ママが子供を笑わせたり!

 

ママが子供の悲しい気持ちに寄り添って「言葉」をかけたり。

 

ママの表現力を磨くことで、

子供の表現力も輝いていきます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆全国 スカイプセッション☆対面あり
~乳幼児期の親子のコミュニケーションで将来が決まる!~
歌うように話しかける歌いかけ育児で
子育てのイライラを解消し、
親子の豊かな関わりを育んでいきませんか

・親子の会話がない
・育てられたように自分の子を厳しく育ててしまう
・愛情が届いているか不安・・
・つい手がでてしまう、暴言を吐いてしまう・・

ママが変われば、お子さんも必ず変わります。
お子さんの感情や言葉もイキイキ育ち、
親子が自信をもって生きられるようになります。


「はなまるコミュニケーション個別相談」でまずはご相談ください


 
\好評につき期間延長!動画付きテキストプレゼント/
乳幼児子育てママ必見!
【親子のコミュニケーションが100倍楽しくなる方法】

※Gmail、Yahoo!、Hotmail 等のフリーメールの場合
迷惑メールボックスに入ってしまう場合がございますのでご確認ください。
※Ezwebのメールアドレスで文字化けする可能性がございますのでご注意ください。