0歳からの魔法の歌いかけ育児

「はなまるコミュニケーション」

歌のお母さん、あきゆみこです。

絵本の読み聞かせ1.jpg

乳幼児期の親子の愛着関係が大切な時期。

コミュニケーションを育むなかで大事なものは何でしょうか?

 

まずは、「受容」

これがとっても大事なことだと私は考えます。

受容とは

「あるがまま、存在そのものを認める」ということです。

子供が親から受容してもらったと思うことで、

親への安心感、信頼感が生まれるのです。

その関係があってこそ、親子の心の通った「会話」が生まれるものです。

 

決して

「~しなさい」

「~はやったの?」

は会話ではありません。

 

 

「受容」されて育てられたお子さんは

自己肯定感も高く、他人とのコミュニケーションを築く能力も高いものです。

どんな状況をも受け入れる力が育まれています。

 

子供に自分の意見を押し付けてしまう・・・

子供の言動をなかなか許すことができない・・・

そんなママは

もしかしたら自分自身を受容できていない部分があるのかもしれません。

 

でも大丈夫ですよ。

気づいた今なら間にあいますよ。

 

ママの子育て、心から応援しています^^

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆全国 スカイプセッション☆対面あり
~乳幼児期の親子のコミュニケーションで将来が決まる!~
歌うように話しかける歌いかけ育児で
子育てのイライラを解消し、
親子の豊かな関わりを育んでいきませんか

・親子の会話がない
・育てられたように自分の子を厳しく育ててしまう
・愛情が届いているか不安・・
・つい手がでてしまう、暴言を吐いてしまう・・

ママが変われば、お子さんも必ず変わります。
お子さんの感情や言葉もイキイキ育ち、
親子が自信をもって生きられるようになります。


「はなまるコミュニケーション個別相談」でまずはご相談ください


 
\好評につき期間延長!動画付きテキストプレゼント/
乳幼児子育てママ必見!
【親子のコミュニケーションが100倍楽しくなる方法】

※Gmail、Yahoo!、Hotmail 等のフリーメールの場合
迷惑メールボックスに入ってしまう場合がございますのでご確認ください。
※Ezwebのメールアドレスで文字化けする可能性がございますのでご注意ください。