ママの歌声は最高のコミュニケーション!子供の会話力が高まる歌いかけ育児のヒント
はまなるコミュニケーションブログ
  • HOME »
  • はまなるコミュニケーションブログ »
  • 月別アーカイブ: 2017年August

月別アーカイブ: 2017年8月

【いいお母さんに縛られないで。甘えることに罪悪感はありますか?】

いかがお過ごしでいらっしゃいますか? お盆なのに涼しい日が続きますね。 我が家の8歳の長男が昨日キャンプから帰ってきました! 自分で釣った魚を食べて。 テントで寝て。 山登りもして。 ドラム缶風呂に入って。 とっても楽しかったそうです。 ただ一言 「ご飯が少なかった・・」 食べることが大好き。 大人並みに食べる子でしたが 毎回上級生に譲ってしまって自分の食べる量がとっても少なくて 悲しかったそう。

【子供と愛着関係が築けているか自信がない・・ポイントは〇〇にあります!】

今日は実際の個別セッションのご相談内容から 【子供と愛着関係が築けているか自信がない・・】 をお伝えします。 通常生後半年から3歳までの間に 両親などの安全基地となる養育者と愛着形成をします。 これが十分にできていないと、 その後のお子さんの対人関係に問題が生じます。 発達障害だと思われるケースが実は愛着形成が不十分だった・・・ ということもあります。 ・母親に育てられなかったので、育児不安が常にある ・人に頼ることができない ・人と深い仲になれない ・恋愛ができない・・・ そんな傾向のある方は もしかしたら 幼少期の愛着関係が原因かもしれません。

【子育てで1番大事なこと。ママにはパパより圧倒的に勝る安心感があります!】

「最近子供が今までの遊び方じゃ笑わない。 子育てに自信を無くしちゃいます・・」 毎日子育てお疲れ様です。 まだあまり会話ができない乳幼児期のお子さんの子育て。 そういえば最近子供が笑わない・・ どうしたんだろう、 そんな風に思うことはありませんか? どうか落ち込まないでくださいね。 だってお子さんは日々成長しているのですから。 その時の機嫌ももちろんあるでしょう。

ママが心を満たすことをしていますか?愛情も母性も育てましょう!

「いつも怒ってばかり。 子供に愛情が伝わっているか不安」 セッションで相談される 多くのママがそうおっしゃいます。 そう思われる時点で、 ママにはお子さんへの愛情があるのですよ。 愛情の反対は無関心。 でも子供の言動にイライラしてしまうのはなぜ? 頑張り屋のママさん。 まずは、自分の心を満たすことをしていますか? 自分を可愛がってあげていますか? 頑張らなきゃいけない、って思いこんでいませんか?

親子の会話を育むうえで1番大事なものは受容!

乳幼児期の親子の愛着関係が大切な時期。 コミュニケーションを育むなかで大事なものは何でしょうか? まずは、「受容」 これがとっても大事なことだと私は考えます。 受容とは 「あるがまま、存在そのものを認める」ということです。

プロフィール

あきゆみこ

合同会社ひよこらんど代表
”歌のお母さん”こと
はなまるコミュニケーター
あきゆみこ

詳しいプロフィールはこちら

初回セッション

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆全国対応 スカイプセッション☆
~乳幼児期の親子のコミュニケーションで将来が決まる!~
母性と愛情は歌いかけで育まれます
ママ自身の気持ちを癒し、
お子さんとの絆を「歌いかけ」で深めていきませんか?

・親子の会話がない
・育てられたように自分の子を厳しく育ててしまう。
・愛情が届いているか不安・・
・つい手がでてしまう、暴言を吐いてしまう・・

ママが変われば、お子さんも必ず変わります。
お子さんの感情や言葉もイキイキ育ちます。

いますぐ「はなまるコミュニケーション個別セッション」でご相談ください

PAGETOP
Copyright © 合同会社ひよこらんど All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.